脱毛後は肌が弱まっている

脱毛をしても、比較的肌の強い人は処理前と変わらない状態に見えます。

赤みが現れたり痒みが出たりすると異変に気付くことができますが、何の変化もないとついついケアを疎かにしてしまいます。
しかし、脱毛を行えば誰でも多少の負担がかかっていますので、いつも通りの生活を送っていると思わぬ肌トラブルを引き起こす恐れもあります。



もっとも警戒しなければならないのが紫外線による影響です。

脱毛をするのは夏場が多いようですが、夏の紫外線は強力です。



すぐに肌の色を変える紫外線の他にも、ダメージが蓄積されていって数年後に影響が現れる紫外線もありますので、どちらもきちんと対策を立てなければなりません。


ただでさえ脱毛の影響で乾燥しがちになっているところに、その上から紫外線を浴びてしまうと、とても大きなダメージとなって過度な乾燥から皮膚が硬くなったりバリア機能が弱まることもあります。


炎症や毛穴の開き、色素沈着の原因にもなりますので、処理を行ったら紫外線を浴びないようにすることが大切です。

また、毛穴が閉じきっていない状態の時には海やプールに行くのは危険です。
バイ菌が入りやすくなっていますので、炎症が容易く引き起こされます。

綺麗に見えても海やプールには雑菌が多いので、処理後の肌を健やかに保つことが困難です。

更に屋外では強い日差しも浴びてしまいますので、肌にとっては過酷な環境です。

このように脱毛後の肌には気をつけなければならないことがありますので、元に戻るまでは細心の注意を払う必要があります。